シェアハウスとは、個人の部屋をそれぞれ確保しながら、お風呂やキッチン、そしてトイレなどの設備を、他の入居者と共有しながら生活するというスタイルの賃貸住居を指します。プライベートなスペースを確保できるという点は通常の賃貸住宅と同じだと言えますが、他の入居者がいることや共有スペースがあるという点が大きな違いだと言え、一人暮らしでは得られない他人との交流ができるという魅力があると言えるでしょう。また、以前は外国人用の「ゲストハウス」のようなイメージを持つ人も多かったと言えますが、最近では利用者の多様化に合わせて進化していると言われています。ですので最近は、年齢性別を問わないような多様なタイプのものが増えてきており、多くの人にとって選びやすい状況になっていると言えるでしょう。

1人暮らしとの違いは「共有」と「交流」があること

シェアハウスの一番の特徴は、同じスペースや設備を「共有」することと、他の入居者との「交流」があるということだと言えます。家具や家電などがあらかじめ揃っている場合も多く、それを共同で使うことが可能です。そのため、1人暮らしの場合であれば、なかなか購入することが難しいような、シアタールームなどが完備された物件に住むことができるという魅力があります。そして、同じ屋根の下で生活をしている他の入居者とのコミュニケーションも大きな魅力であり、雑談をしたり、料理を分け合うなどの交流を積極的に楽しむ人も多くいます。さらに外から人を招待してイベントを開くようなタイプの物件もあるため、より積極的な交流を希望する人は、オープンな環境を特徴とするような物件を選ぶとよいと言えるでしょう。

最近、都市部などで人気がある理由

以前はあまり浸透していなかったシェアハウスですが、最近では都市部などでその需要が高まってきています。その理由としては、多様なニーズに合わせて選ぶことができるようになったということが挙げられます。「プライベートな空間は確保したいけど一人は寂しい」という人であれば、他の入居者との交流が深められるタイプのものを選べばよいと言えますし、「広いキッチンが欲しいけど家賃も抑えたい」という人であれば、設備の充実した物件を選べばよいと言えるでしょう。そして最近では、同じ趣味を持つ人同士が一緒に住めるようなタイプのものも増えているため、特別な趣味を持っている人などはその視点から選んでみるのもよいと言えます。また、いきなり共同生活を始めるのは不安だという人は、ひとまず週末シェアを利用してみるとよいでしょう。

時期や物件によってはフリーレントや礼金無料などのお得なキャンペーンをご用意しています。 外国人も多いため英語力の向上にも最適です。 北は札幌、南は沖縄まで。全国各地に拠点を持ち、幅広くお客様のニーズにお応えします。 資生堂やパナソニックなど商品のマーケティング・プロモーションの場としても注目されています。 新しい形のシェアハウス!ソーシャルアパートメント