一人暮らしなどでマンションやアパートを借りると家賃などが高額になって支払いに苦労することもあります。
しかしシェアハウスなら敷金や礼金が不要な場合が多く、普通にマンションやアパート等の住まいを借りるよりもかなり安く住むことが出来ます。保証金が必要な場合が多いですが、管理会社によってはその保証金も退去時に戻ってくる場合もあり非常にお得です。この様に基本的にはお得に済むことが出来ますが、一部の管理会社によっては敷金や礼金が必要な場合や保証金が返ってこない場合もあり、確認する必要があります。
支払う家賃に対して駅が近く交通も便利な好条件な場所に住める場合もあり、選び方次第ではかなりお得になります。地域によっては家賃が賃貸よりも2倍や3倍ほど安くなる場合もあります。

家具を購入する必要が無くてお得です

本来の賃貸などには基本的に家具が設置されておらず、全て自分で購入して運ぶ必要があります。
それに対してシェアハウスは必要な家具が揃った状態で入居できます。個室のベッドや椅子、机や棚などはもちろん、共用スペースのソファやテレビなどの家具も全てが揃っています。また調理に必要なキッチンも完備されています。
管理会社によって配置されている家具は異なりますが、多くの管理会社でテレビやソファなどの生活に最低限必要な家具が用意されています。サービスの良い管理会社では棚が多めに配置されていたり、大画面のテレビが配置されていたり、寝心地の良いベッドが配置されている場合もあります。
生活に必要な家具をすべて自分で揃えれば10万円を軽く超える為、かなり安く快適な生活環境が得られます。

家賃だけではなくその他の雑費も必要ない

シェアハウスではトイレのトイレットペーパーが無くなれば管理会社に連絡するだけで補充されて、代金は必要ありません。
その他にもキッチンで使用する洗剤が無くなった場合にも連絡すれば補充されます。
基本的に共用スペースの消耗品はすべて代金が不要で補充される場合が多いです。
更にインターネット代や水道代、電気代なども気にする必要がありません。これらの代金は全て共用費に含まれていて、別途代金を支払う必要はありません。
1か月につき約1万円程度の共用費を支払うことでインターネットも水道も電気も自由に使用できます。
インターネットを毎日大量に使用する場合や、夜遅くまでパソコンの使用等で電気を使用する場合には賃貸でインターネット代や電気代を支払って生活するよりもお得に住めます。