初めて親元を離れて都会に出るという人や、転職先を探すためにとりあえず住居を確保したいという人におすすめなのがシェアハウスです。何故ならば入居に際して初期費用というものが、ほとんどかからないからです。1軒の家やマンションの部屋を個人のスペ-スとし、リビングやトイレ、キッチン等を共同スペ-スとする形態となっているため、最初から他の住人と共同使用の冷蔵庫や洗濯機などの必要な家電がそろっており、引っ越しの時にそれらのものを新しく買いそろえる必要がありません。従って普通のアパ-トやマンションに入居するのに比べて、圧倒的に引っ越し費用を安く抑えることができます。敷金や礼金等が発生しないということも多いので、そうなるとさらなる節約が実現可能になります。

ひとりだったら住めない地域にも住めるかも?

シェアハウスのメリットはそれだけではありません。ひとりでは家賃が高すぎて、到底住むことができないような都心に住めるということもあります。そうなれば通勤時間も短くなり、満員電車のストレスを軽減することが可能になります。場合によっては職場まで自転車通勤ができてしまうかもしれません。
また、ひとりで住んでいるというわけではないので、初めての一人暮らしで不安だという人も安心できますし、特に女性では治安の面でもリスクが少なくなるのではないでしょうか。年齢や立場が異なるさまざまな人が住んでいるので、いろいろな人から興味深い話を聞く機会が得られ、自分自身の見聞を広めることができるでしょう。ひとりになりたいという時は、自分の部屋に戻ればよいのでプライべ-トを侵害されるということもありません。

快適に住むためにこんなところは事前に要チェック!

しかし、立地条件や家賃の安さだけで入居を決めてしまう前に、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。ひとつは契約の更新が可能かどうかということです。いくら自分が気に入ったからといって契約満期が来たら延長できないというパタ-ンもあるので注意が必要です。それから入居前には実際に物件を自分の目で見て、確認するようにしましょう。特にトイレの数やシャワ-の時間等は物件ごとにル-ルが異なっているので、自分の生活時間にあったところを探すことは大切です。友人や家族を呼ぶことができるか等も調べておいた方が良いでしょう。最近ではシェアハウスの数も以前に比べて格段に増えているので、自分に合った条件の物件を見つければ快適な一人暮らしがスタートできるでしょう。